2006年01月19日

ライブドアについて偉そう語ってみる

会社で使っているマウスパッドが汚れてきて、操作すると一緒に動いてしまい、不便なのでテープでとめた。最初は動かなくていいなーと思ってたんだが、最近、動かねぇのもまた不便であることに気づき、1箇所だけテープをはがした。

これがなかなか良いのでこうしておこう。


さてライブドアが大変なことになっているが、俺はある程度読んでいた。ここまで早く、しかも一気にとは思わなかったが、最近メディアが堀江を持ち上げすぎていることに気づいたので、これはそろそろかなとも思っていた。

マスコミってのは上げて上げて、上げるだけ上げたら、下げるんだ。だから何かちょっとスキャンダラスなことをすれば一撃だなと。そう思っていた。

そもそも、彼のやり方はまだ日本では早すぎる。フジテレビを敵に回し、ナベツネを敵に回してしまった。マスコミを敵に回したらどうなるか?さらに彼は政治の世界にまで足を踏み入れてしまった。
こうなると暴かれるのも時間の問題だった。

そのやり方に若者たちが「希望だ」「尊敬する」と持ち上げている中、俺は「奴のやり方は日本ではまだ早い」とずっと言っていた。孫を見ろ、三木谷を見ろ。彼らの顔はニュースでしか見ないんだ。ホリエモンなんてあだ名付けられて、テレビでニヤニヤとクイズやってる場合じゃなかったんだ。


儲けるが勝ち?確かに彼の中ではそうだったかも知れないし、アメリカでは当たり前なのかも知れない。もしかすると数年後の日本はこれで良いのかも知れない。
しかし2006年の日本の社会は、彼を受け入れなかった。

やっぱり今のここは義理人情の国。
横のつながりがすべてである。買収ですべてうまく行く訳はない。
ただ、ここで彼の才能を殺してしまうのはもったいない気がする。日本風に彼が自分をアレンジできたとき、もしくは彼の考えが日本の標準になってしまった時、もしかするとすごい企業になるのかも知れない。

日本の成長が止まったと見るか、日本の文化が守られたと見るべきか。
答えは数年後になるんだろうな。


これで「ホリエモン」のようになれるかも!?
ホリエモンの「想定以上のIQ」サプリメント 2,980円

効果の程は。。。?

posted by 俺 | Comment(0) | TrackBack(1) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ライブもん
Excerpt: あんまり時事ネタって扱うのは苦手なんだけどね(´・ω・`) 楽してズルして大金持...
Weblog: ちゃLOG-Ver.3.2
Tracked: 2006-01-26 15:05