2007年04月25日

おはーざーまーす!

朝の「とくダネ」のオヅラさんの朝のコラム。
俺、あの人って
”大橋巨泉を尊敬してる”
って時点でキモいなぁ…って思ってたんだけど、
とくダネが始まってあの朝のコラムで結構面白いこと言うし、
わかりやすいし、数年前から結構好きだったワケですよ。

だから朝はいつもとくダネ。めざましから、とくダネだった。

今朝も息子にエサを与えつつ。とくダネ。
「おはーざーまーす!」
息子にマネまでしてコラムを聞いた。

ところが…。

「韓国の何とかってドラマが面白いんです!
 DVDを○巻まで借りたんだけど、
 韓国の歴史の紀元前…の時代に…」

もうね、絶句よ。
オヅラさん、あんた…。
韓国に歴史なんか無いんですよ?
韓国では絶対韓国に都合の良い歴史しか放送されないんですよ?
もうちょっと勉強した方がいい。

あの事件以来、韓国人に対する日本人のイメージが悪化してる。
そこで、各マスコミになんらかの圧力がかかってるんだな。
なんらかのね。もっと言えば、あの団体と、政党のね。

そこへ俺が尊敬するデーブスペクター。
またしても俺の中で彼に対する尊敬値があがった。

オヅラさん「こんな面白いものをなんで地上波で放送しないのか!」
デーブさま「こんなのね、地上波で放送したらもう滅茶苦茶ですよ!
      やるなら東海テレビとかでやればいいんです」

明らかに不機嫌。
不機嫌をギャグで包み隠して抗議。かっこいいよアンタ。
そしてそれは単純にあの事件に対する「アメリカ人vs韓国人」の図式というより、
日本人の韓国に対するワケのわからない感情に対しての警鐘にも見えた。
テレビプロデューサーとして、日本が好きな一人のアメリカ人として、
カットされない生放送であることを上手く利用し、日本に警告しているようだった。
もちろん、圧力も何もかも彼はわかって話しているはずである。

そろそろ目を覚ませよ、日本人。





韓国人の日本偽史

posted by 俺 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム

2007年04月20日

保育園

嫁が仕事復帰したので、俺が保育園に送っております。

朝、7時半に起床(強制)。
息子が泣きながら俺の顔をかじるという超ハイテクな目覚まし時計。

かつて9時起きだった俺にはツラい…。

朝食を与え、オムツを替え、着替えさせて、体温測って…。
保育園に送るのも案外面倒である。

玄関に座らせ、靴を履くためかがむ。
何か臭い。
息子のケツの臭いを嗅ぐ。臭い。

慌てて、靴を脱いでズボンを脱がせ、オムツの中を覗く。
地獄絵図だ。

お尻拭きを5枚ほど抜き取り、ケツを拭く。
俺と息子の攻防だ。

暴れる。
足を押さえる。
寝返ろうとする。
腹の辺りを足で押さえる。

オムツを交換し、出かける。

保育園までは歩いて5分ほど。
門を開けて、閉める。子供が出ないようにしっかり閉める。
門に気をとられ、いつものマンホールに躓く。

0歳児の部屋に入り、薄暗い教室の絨毯の上に息子を寝かせる。
もっと抱けと激しく俺にしがみつき抵抗する息子。
自分の体重を支えられる腕力などあるはずもなく、敢え無く寝かされる。

連絡帳やらなにやらを取り出し所定の位置へ置く。
息子がハイハイで俺の足元に来る。
「抱け」
そういう顔だ。

抱いて別の部屋へ移動。
先生に息子を預ける。

「バイバイ」
と、手を振ると、泣き出す息子。

めちゃくちゃ面倒で、手がかかって、自分の時間やらペースなど何にも無くなるのに、
別れを惜しまれるとこっちまで泣きそうになる。

かわいいな、お前。





親バカのすすめ

posted by 俺 | Comment(1) | TrackBack(0) |

2007年04月15日

ファミレスのドア

ファミレスにでかけた。
嫁に精算を任せて、俺は息子を抱いて外に出た。出るときに、
「開けて。ここ押して」
などと話しかけていた。
もちろん開けられるわけは無く、「ドア」を教えていたのだが。

ファミレスってドアが二枚あるじゃない。
1枚目のドアを開けたそのとき、横からさっと通る子供。
小学校中学年か高学年くらいだろうか。

あー邪魔だったのかな?なんて思いながら見ていると、その子は2枚目のドアをぐいっと開けた。

そして、俺の方を黙って向くと、そのままドアを押さえてくれていた。

「ごめんねー」
なんて言うと、恥ずかしそうにその子は駐車場に走って行った。


最近、大人でもエレベータには割り込むように乗ってくるし、ドアを開けてやってるのに、お礼どころか会釈一つできないのに、この子の親はしっかりしてるんだなーと、ちょっと感動した。

今の子でもこんなに気の利く子がいるんだと思ったら嬉しくなった。

すげージジイみたいな話だが、息子にもこういう子になって欲しいな。




道徳の教科書

posted by 俺 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月09日

自虐はやめよう

歴史ってぜんっぜん興味無かったんだけど、最近のネットのニュースを見ていると非常に興味が沸いてくる。

慰安婦?侵略?A級戦犯??


俺はこういう教育を受けてきた。
「戦争は悪い。
 日本はそんな悪い戦争をした。
 日本がした侵略は世界中から非難されてるんですよ?
 日本はだから二度と戦争ができないように憲法を変えました。
 それが戦争放棄です。
 日本は反省をしなくてはいけませんね」


確かに戦争は「良くない」。
しかし本当に「悪い」か?と聞かれると必ずしもそうではないし、しなくてはならなかった理由があることがわかる。
好きこのんで殺し合いを挑むバカはどこの国にもいない。

なぜ自虐的になったのか?ってのは右だ、左だの話で非常にアブナイので、チキンな俺は割愛する。
そんなのはネットで調べて、叩かれてる国や団体をみればわかる。


そろそろこのあたりで、
「日本はすごい悪い国だ。反省し、世界中に謝らなくてはいけない」
って考えるのをやめた方がいいと俺は思った。

「いやいや、謝らないでください。
 あなたたち日本人が居たからこそ、アジアはヨーロッパから守られたのです」
って言ってくれる国もあるのだ。

日本って、日本人が思っている以上に悪い国じゃないんだよ!




教科書が教えない歴史普及版

posted by 俺 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月08日

投票に行ってきた

県議選の投票があったので、投票に行ってきた。
最初から書く内容は決まっている。

頼まれたから?
いいや、俺は頼まれてもよっぽどのことが無い限り書かんよ?

良い候補者がいた?
いいや、いねーな。


いないならどうする?


もちろん「白票」である。


だって、選挙カー走らせて、
「お願いします、お願いします」

挙げ句家にまで来て握手してく。

そんなもん当選したときに来いや。
当選するかどうかわからんオッサンと握手したくねぇ!

何度も言うが、「お願いします」じゃ困る。「任せてください」だ。
「勝たせてください」じゃないんだ。選挙で勝つのが目的なら辞めてくれ。

それから当選した時に街宣車走らせて、
「ありがとうございました。これから頑張ります」
言いに来い。
そうしたら次には入れてやるかもしれん。


とにかく言っちゃ悪いけど、政治家って悪い顔してるね。
なんでいい人そうな政治家って居ないんだろうな…。




「みんなの意見」は案外正しい

posted by 俺 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。